顔のたるみを解消する方法

バスタイムにできる顔のたるみ予防法

きれいであり続けたい
年々気になってくる顔のたるみは、何もしないでいるとどんどん悪化していきます。

予防のために

顔のたるみをおこさせないようにする予防法があります。
顔の筋肉をよく動かすこととマッサージです。これはリラックスでき、また筋肉が弛緩しているバスタイムにするとより効果的です。

顔の運動は簡単で、イとウの音を5秒間ずつ言います。
この時、口は出来るだけ大げさに形作ります。こうすることで表情筋が刺激され動き、
顔のたるみを防止しして生き生きとした表情を作り出します。

リラックスできる

またマッサージは、こめかみの辺りを10回ほどぐるぐると回してマッサージします。
あまり強くやりすぎずに気持ちいいと感じるぐらいの力でするといいです。

また、フェイスラインに沿った顎の上部、耳たぶのすぐ隣りあたりを
マッサージすると、リンパの流れがよくなり、顔の輪郭がすっきりします。


さらに、頭皮は顔とつながっているため、頭皮をマッサージする要領で
シャンプーをすると、血行がよくなり顔のたるみ予防に効きます。